スクリーンショット 2015-12-18 18.22.08

皆さん、こんにちは。 エクストリームデザインの柴田と申します。

 

12月も後半に突入し、まだまだと思っていた Advent Calander の順番が回ってきました!!

今年は Storage Software Tiering on SoftLayerについて語ってみたいと思います。 Storage Software Tieringってなに? つまり階層型ストレージです。 ストレージアレイにSSD(高速ディスク)とHDD(通常ディスク)を混ぜ、信用頻度の高いデータ(HotData)はSSDへ、使用頻度の低いデータはHDDへ移すことによってI/Oパフォーマンスと容量の確保を両立するものです。 でもこのような機能は高価なストレージについているモノであってクラウド上では実現できない(そもそもそんなハードウェアオーダーできない)という訳です。

 

しかし!! SoftLayerのベアメタルならできます!! まだ有名ではありませんが米国のスタートアップ Enmotus社が開発した Fuzedriveを使えば実現できます。要約すれば階層型ストレージをソフトウェアで実現できる代物です。

 

これを試すことができたのでご報告したいと思います。

 

まず、Enmotus FuzeDriveの概要はこちらです。

  • 簡単に言えばソフトウェアTier Storageを実現するもの
  • Tieringをリアルタイムに行う(ここ重要!!) MicroTiering
  • データ pinning 機能
  • Tierの状況をGUIで モニタリング可能
  • Linux と Windowsでも 動作可能

これを使えばベアメタルインスタンスにこのツールをインストールすれば

利用可能な訳ですが。。。そうは簡単にいきませんでした。。SoftLayerのベアメタルインスタンスオーダーにディスク構成に関して下記のポリシーがありました。

  • デフォルト設定から変更すると時間がかかる
  • Non-RAIDの構成をお願いしても基本RAIDを組んでくる(デフォルト1)
  • OSインストールエリアのディスク指定についてはなかなか妥協してくれない
  • JBOD with NoRAIDであることをお互いが同意すればOK (チケットで交渉すること Update29・・)

で準備できたディスク構成(普通ならなんてこと無い構成ですが。。。)がこちら

スクリーンショット 2015-12-18 18.00.17

あと、これらのやりとりをする中で得られた2015年夏時点での東京DC(TOK02)で構成可能なディスクデバイスの種類は下記の通りです。

  • SSD: 200GB / 400GB / 800GB / 960GB(Sandisk CloudSpeed)
  • SATA HDD : 500GB / 1TB / 2TB / 3TB / 4TB / 6TB

で、インストールは簡単です!! インストーラを実行するだけです。

階層ストレージの構成手順は下記の通りです。

スクリーンショット 2015-12-18 18.09.25

 

では実際のIO性能はどうなんでしょうか。。。 軽くfioテストした結果は下記の通りです。

 

HDD 1本での fio 結果

READ: io=43628KB, aggrb=716KB/s, minb=716KB/s, maxb=716KB/s, mint=60869msec, maxt=60869msec

SSD1本でのfio結果

READ: io=15591MB, aggrb=266072KB/s, minb=266072KB/s, maxb=266072KB/s, mint=60003msec, maxt=60003msec

階層化後 HDD 3本とSSD4本での fio 結果

READ: io=16384MB, aggrb=598203KB/s, minb=598203KB/s, maxb=598203KB/s, mint=28046msec, maxt=28046msec

HDDを混ぜて階層化してもSSDよりも早い結果が出ているのでまずは使い物になりそうです!!  因みに階層化されたディスクの構成は下記の様にコマンドで確認できます。

[root@fuze001 fuzedrive]# ecmd --status
Enmotus Host MicroTiering Engine, Version 1.1.67.9831
  Tiered Disks        : 1 (4 max)
  Physical Disks      : 7 total, 7 used (127 max)
  Global Mode         : MicroTiered
  Global Tiering      : Enabled
  Promote Scan Timer  : 2 seconds
  License Status      : Good
  Total Capacity      : 14 TiB/256 TiB (Available: 241 TiB)
  Fast Capacity       : 3 TiB/10 TiB (Available: 6 TiB)
  Page Map Memory     : 177 MBytes (181487 KBytes)

Enmotus Host Luns:
 ID ST TY VENDOR   PRODUCTID        SERIALNUM            REV         SIZE
                                                                      GiB
 ========================================================================
  0  1  1 ENMOTUS  T00 FuzeDrive    58d4ed8b             P002    14737

Enmotus tDisks:
ID ST NAME              SIZE  M   VD   IN PLCY ----------- PROMOTE --------
                        GiB                      THR NEW     COUNT      PPS DIV
===============================================================================
0  1   T00 FuzeDrive    14737 T   0,1  FF RDIO    1  0       4           16  0
Enmotus pDisks:
 ID ST  T  V NAME     PRODUCTID        REV  SECTORS     SECTORS     SIZE
                                            AVAIL       USED        GiB
 =======================================================================
  0  2  0  0 sde      MR9361-8i        4.26 0           6f780000    893
  1  2  0  0 sdf      MR9361-8i        4.26 0           6f780000    893
  2  2  0  0 sdg      MR9361-8i        4.26 0           6f780000    893
  3  2  0  0 sdh      MR9361-8i        4.26 0           6f780000    893
  4  2  0  1 sdb      MR9361-8i        4.26 0           1d1700000   3725
  5  2  0  1 sdc      MR9361-8i        4.26 0           1d1700000   3725
  6  2  0  1 sdd      MR9361-8i        4.26 0           1d1700000   3725

因みに階層化型ストレージはシステムでは/dev/ebaで見えます。
[root@fuze001 fuzedrive]# mount
/dev/sda3 on / type ext4 (rw)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/sda1 on /boot type ext2 (rw)
none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
/dev/eba on /mnt/fuzedrive type ext4 (rw)

以上、CentOS 6.5での検証結果でした。 ご興味のある方は詳細説明しますのでご連絡くださいませ。よろしくお願いします。

 

 

Comments are closed.